SSI 伸光精線工業株式会社 TOP PAGE SITE MAP CONTACT US
会社案内 アイデンティティ 伸光の精線テクノロジー 伸光製品はココにいます 採用情報
TECNOLOGY
伸光の精線テクノロジー
ケーブルの撚りと成型 シールド マイクロケーブル インターコネクション 品質管理
よくある質問Q&A 環境経営
マイクロケーブル マイクロケーブル
いかに“細く・切れない”ケーブルを作り上げるかがノウハウです
マイクロケーブル断面図  情報機器や医療機器がますます小型化するなかで、それらの小型機器に内蔵される「ケーブル」もより小型・精密化することが求められています。

 もともとケーブル(電線)というのは銅などの金属を伸ばしてでできているので、細いケーブルになるほど切れやすくなります。そこで、「マイクロケーブル」と呼ぶ、ケーブルの直径が0.1mm以下の細い線を作るためには、数10μm(マイクロ)単位の極細銅線を複数本撚り合わせて1本の導体として作り上げます。

 たとえば、直径0.02mm(20ミクロン)の銅線を3本撚り合わせると、「AWG(American wire gauge)*48」という導体の外径が0.43mmの1つの「撚線」ができます。その撚線に「絶縁体」を被せると、髪の毛の半分程度の細い「絶縁電線」になります。それに「シールド」を被せると、髪の毛とほぼ同程度の太さの「マイクロコアキシャル(同軸)ケーブル」ができ上がるのです。

 当社では、現在「AWG54」の絶縁電線まで製作可能です。ただし、顕微鏡を使わないと端末加工が出来ません。従来の端末加工の手法で製作できるのは「AWG36」までと考えて下さい。
 現在、当社で製作したマイクロケーブルが利用されている分野は「医療機器」関係が多く、「カテーテル用ケーブル」や「内視鏡用ケーブル」、「超音波診断装置用ケーブル」などの研究開発に使われています。
マイクロケーブルの作り方
マイクロケーブルの作り方
マイクロケーブル
左図の1.から4.までのすべての工程を経て、更にそれを100本程度撚りあわせて出来上がったケーブルの断面図は左写真のようになります。
断面図をさらに拡大したのが下の写真です。
ちなみにこのケーブルは直径約2.5mmになります。
マイクロケーブル断面写真

いくつも見えている丸いものがマイクロコアキシャルケーブル(極細同軸ケーブル)です。
さらに編組シールド加工を施し、ジャケットをかぶせてあります。
AWGとは
American Wire Gaugeの頭文字をとったもの。
TOP
SHINKO SEISEN INDUSTRY COPYRIGHT(C)2003,SSI CO.,ALLRIGHT RESERVED.